ふわっちの運営会社はどこ?赤字だったって本当?収入の仕組みなどをまとめてみた

スポンサーリンク

最近、若者の間でライブ配信がブームになっています。

きっちりと作り込まれたテレビよりもゆるく雑談している動画を好む人も少なくありません。

この記事では、ライブ配信の中でも有名な「ふわっち」に焦点を当てていきたいと思います。

ふわっちの収入の仕組みやアイテムについて解説していくので、ぜひ、最後まで読んでみてください。

  • ふわっちとはどんなアプリか
  • ふわっちの運営会社はどこか
  • ふわっちの収入の仕組み
スポンサーリンク

ふわっちとは?

ふわっちとは、ライブ配信サイト(アプリ)のことです。

アプリの名前の由来は「Who watch?」から来ているようです。

スマホでもPCでもライブ配信をしたり、視聴したりすることができます。

アイテムによる投げ銭やランキング上位へのポイント配布により、配信者は収入を得ることができます。

また若いユーザーが多く、ジャンルは雑談が多くてゆるい感じです。

ふわっちの特徴

ふわっちには、独特の空気感というか、雰囲気があります。

ここでは、ふわっちの特徴は、以下の通りです。

  • 配信は一枠30分で、延長は有料
  • 若いユーザーが多い
  • 画質はそこまで良くないので、ゲーム実況には向かない
  • 投げ銭アイテムの手数料が高め

いわゆる普通のライブ配信アプリですが、トークが多めという印象です。

スポンサーリンク

ふわっちの運営会社はどこ?

ふわっちの運営会社は、jig.jp(ジグジェイピー)という会社です。

2003年に設立された従業員67名の会社です。

ふわっちの運営会社は赤字だったって本当?

ふわっちの運営会社は10億円以上の赤字があったにもかかわらず、黒字転換したことでも少し話題になりましたね。

jig.jp、2018年3月期の営業益は2.9億円 前の期11.4億円の赤字から黒字転換に成功 | Social Game Info
jig.jpは、6月27日、第15期(2018年3月期)の決算公告を『官報』に掲載し、売上高5億4800万円(前の期比57.9%減)、営業利益2億8800万円(前の期11億円の赤字)、経常利益2億88...

人気の配信者さんも多いことですし、倒産せずにずっと続いて欲しいですね。

ふわっちの収入の仕組みは?

ふわっちではリスナーから投げ銭アイテムをもらうことでポイントが得られます。

アイテムのうち配信者に還元されるのは50%で、半分は運営に持っていかれます。

この半分がふわっちの運営会社の収益になっています。

まとめ

この記事では、ふわっちの運営会社についてまとめてみました。

ラジオ感覚でも楽しめて、ハマると楽しいアプリなので、ぜひ使ってみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました